2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

アニマルプロテクション里親募集

アニマルプロテクションからお預かりしている保護犬の紹介記事をご覧になる方は、保護犬一時預かりのカテゴリーへどうぞ。今いるのはミニチュアダックスのエイ。アニプロ里親募集の1789番です。よろしく!

夏の犬ごはん:冷麦鶏肉のせ大根おろし添え

エイちゃん関係でいろいろと猛暑対策を講じています。散歩は朝はほとんど庭のみ、もしくはゴミ出しに行くついで、夜は8時以降。昼間はずっとエアコン。

それほど対策を講じても、やはり、3回に1回ぐらい、食欲が落ちることがあります。

そこで、犬ごはん夏バージョン。例によって「食べてなおす手づくり犬ごはん」からヒントをもらいまして。

預かり主が冷麦を食べることにしたので、そのおすそ分け。

Gohan180721

冷麦を短く切ったものに鶏肉をのせて、大根おろしを添えてみました。

大根おろしが苦くないかなあと気になったのですが、それは全く気にしない様子で、それよりも何よりも、冷麦の食べ方がよくわからん!という問題が勃発。舌で拾うようにしたりして。カパッと口に入れてしまえばいいんだけどね。

しょうがないので、途中から私が手伝い、手にのせて食べさせて、ようやく完食。

みみず飼育場から何かが

みみずを育てて早くも20年。週に2~3回ぐらい野菜クズを与えるだけなのですが、特に問題なく、みみずコロニーは順調に継続しております。

コロニーを大きくしすぎないことがコツかもしれません。なにしろ、直径80センチほどの円形プランターがみみず諸君にとっての全世界なわけで、野菜が多すぎて食べ残しが腐ったら環境が悪化するから、みみずたちが食べきったところを見計らって与えています。

このプランターにはパンジーやミントを植えているのですが、ミントが増えすぎてボウボウになってしまったので、地上部分が枯れて処理しやすくなる冬に、ほぼ全部、抜いてしまいました。そうしたら、この夏、その後に、植えた覚えのないものがニョキニョキと。

Cucamber1807151

見たところ、キュウリ?・・・のような?

つるが伸びてきたので、棒で支えています。みみずの餌に与えた野菜クズから、どこをどうしたものか、生えてきたのだと思いますが、さて、どうなるか・・。

ちなみに、みみずはこの暑さで、ほとんど全員、土の中に深く隠れてしまっています。ちょっと掘って、ようやく1匹見つけました。

Cucamber1807152

元気そうで一安心。

雨でも行くよ!

雨でも散歩はめったに欠かさないエイちゃんです。

雨脚が弱まったところをねらって、サササッとね。10分くらい。こんな格好で。

Eichan180708

頭はどうしても濡れてしまうけどね。

中国鉄路、現在の最長線は・・

先日、短編映画「三分钟」(三分間)をご紹介したときに、今はもう6日間なんていう行程はないと説明しましたが、ふと、今の最長はどれぐらいかなと疑問に思いまして。

どうやらこれのようです。(中国語をカタカナ書きするのはご法度なのですが、阿克苏は新疆ウイグル地区の地名で、中国語表記自体が当て字なので、書いておくと、アクスに近い発音のようです)

Longest1807011

百度地图で検索したら、こんな結果が。(クリックすると、拡大表示)

Longest1807012

さて、気になるお値段ですが、Ctripという便利な予約代行サイトで見てみると・・・

Longest1807013
软卧というのは寝台が2段で1コマに4人の1等寝台って感じです。日本円にすると2万円以上ですから、まあ、それなりのお値段はしますわね。硬卧は3段で1コマ6人の2等寝台ですが、とにかく横になれる。確かに漢字の通り、ベッドがかな~り薄くて硬そうですが、どうせ気絶するように眠ってしまう私としては、こちらにするな。

注目は硬座。寝台ではない普通の座席なので、たぶん途中までの旅客が利用するのだと思いますが、すごいことに、杭州から阿克苏までこれで行く人たちが、いないわけでもなさそう。

というのは、以前にご紹介した中国鉄道時刻研究会のツイッターでリツイートしていた、昨年まで最長だった路線(新疆ウイグル地区ウルムチから黒龍江省チチハルまで)に乗った方が、このように報告しておられたので。

六十何時間も乗るような客はそうそういないだろうと思っていましたが並んでいる人の切符を覗くと「瀋陽北」「長春」「哈爾濱」など東北部の駅名が続々と、しかもほとんどが硬座…頭が下がるばかりです

夏の昼寝

梅雨が今日だけ途切れて、夏の昼下がりのような天気です。そこで、エイちゃん。前回とは逆の姿勢といいますか・・・

Eichan180622

ぶはーっ、と。グッスリお昼寝中。

このお腹側のクシャクシャの毛をなんとかしたいのですが、ブラッシングして、いったんきれいになっても、次に見たときにはもう、この状態に戻ってるんですよ。耳の付け根とか、脇の下とか、気をつけないと、すぐに毛玉になります。

反り返ってる!エイバウアー?

遊びに来た友人撮影によるベストショット!

Dog180616

これ、エイちゃんが何かおねだりするときに、たまにやるポーズなのですが、当然、私は常に前からしか見ていないので、こんなに反り返っているとは知らなかった。イナバウアーならぬエイバウアー?

前足が見えないのは、胸の前に上げているからだよ。

やや調子に乗りすぎか?

ここのところ黒猫2号がエイちゃんを怖がらなくなって、良かった~と胸をなでおろしているところです。散歩から帰ってくると、よく玄関でお出迎えしてくれて、エイちゃんと臭いを嗅ぎ合ったりして。よしよし。

ところが、ちょっと調子に乗りすぎではないかと。

Cat180613

エイちゃんの水入れで水飲んでるし、昨日はエイちゃんのベッドで寝ていた。エイちゃんは全然気にしていないのだけれど、いいのかなあ?

続・Googleマイマップ

その後、マイマップにさらにチョコチョコ書き加えていたら、自分で好きなところに直線を引けることもわかりました。

それと、道順の線を引く機能で、経過地点の設定は10個までしかできません。レイヤはたくさん作成できるので、ルートを少しずつグループ分けすればいいようです。

で、こうなりました。

2018travelrouteadd

黒い線は帰国前に昆明から成都まで国内線で飛ぶ部分です。4つにグループ分けしてみました。

なんだかグルグル回って、変な行程に見えるかもしれませんが、途中でお祭りの日に合わせたり、高速鉄道を利用すると、すごい長距離を短時間でカバーできたり、鶴が越冬のために飛来するので、その場所へ行く日はできるだけ遅らせる必要があったり、あれやこれやを勘案した末の結果なのであります。

Googleマイマップで旅行の行程図作成

Googleのアカウントを持っていれば、簡単に行程図を作成できます。

GoogleでマイマップまたはMy Mapsで検索をかけると、アカウントを持っていればウィンドウが開くので、左上にある「+新しい地図を作成」をクリックして、作業開始。

最初は「無題の地図」なので名前をつけましょう。複数のレイヤを重ねられるので、レイヤの名前もつけられるようになっています。レイヤというものが何なのかわからなくても、使っているうちにわかりますから、心配ご無用。

ここから先は本当に簡単。行き先の入力方法は2種類です。

1.上に表示されているアイコンの中から風船みたいな形のマーカー・アイコンをクリックして、自分の行く場所をクリックすると、

Routemap1806084

こんな風に記録されます。

2.もう一つの方法はGoogleで検索をかける。そうすると、色の違うマーカーがその場所につくので、それが正しければ、「+地図に追加」をクリック。すると、マーカーの色が変わり、左の欄のリストに追加されます。

内容は後で編集可能。メモもつけられます。後で順番を変えたいときは、左のリストで上下に動かせます。

私が作ったのはこんなの。(クリックすると拡大画面。個人情報が入っていたので、黒塗りにしました)

Routemap1806081

リストで見たい項目をクリックすると、ボックスが表示されて、削除したり内容を編集したりできます。

Routemap1806082

車やバイクでお出かけのときは、ルートも描画してくれます。右上に矢印になっているのがルート作成アイコン。これをクリックすると、行程とは別のレイヤのリストが作成されます。レイヤというのはこうやって使うわけね。地図上で出発点をクリックすると、Aというボックスに入力されます。次に到着点をクリックすると、Bというボックスに入力されて、AとBの間に線がひかれます。

私の地図にルートを引くと、このようになります。道路を想定した図なので、鉄道路線の部分は正確ではありませんが、大まかには合っています。

Routemap1806085

全体がパッと一目で見られるから、なかなか便利ですよ。

3分間

Apple社の宣伝用に製作された短編映画の舞台が中国旅行の旅程に入れた駅、凯里(カイリ)だった。嬉しい!陈可辛監督作品の佳作です。

Threeminutes180530

私がわかった限りの範囲内で内容を説明すると(見る前にネタばれになってしまいますが、しょうがない)、南宁(ナンニン)から哈尔滨(ハルビン)まで1行程6日間という鉄道路線の車掌をしている女性が主人公。ティンティンという就学前年齢の男の子がいるのですが、そんな仕事ですから、妹に世話をしてもらっている状態で、普段はなかなか会えません。

ましてや、中国大陸全土で数億人が大移動する春节(旧正月)には、まったく不可能。家族と共に祝うはずのこの日に、ほかの家族の再会を手助けする側にいる彼女は、家族と会えない。

ある年の春节に、妹が停車駅の1つである凯里駅のプラットフォームにティンティンを連れて来ることになります。停車時間は3分。

大混雑のプラットフォームでようやく会えるのですが、この貴重な時間にティンティンが何を言うかと思えば、九九の表を1X1から暗唱し始めるのです。

実は、ティンティンは小学校に上がることになっていて、前に彼女は(ここから先、よく聞き取れなかったのですが、たぶんこういうことだと思う)軽い気持ちで、「九九の暗唱ができるようになったらママと会えるよ」、と言ったことがあったのでした。

こうして、わずかな時間はすべて九九の暗唱に費やされ、言葉ではなく視線と抱擁で語り合う親子なのであった。

実話をもとにした作品だそうです。ちなみに、現在はもう6日間なんてことはなく、高铁(高速鉄道)で途中で乗り換えて、翌日には哈尔滨に到着します。そもそも、そんな長距離に飛行機ではなく鉄道を使う人は、めったにいないでしょうけどね。

あ、ティンティンが最後に「ジョウジョウバーシイー!」と言っているのが聞き取れますか?

九(jiu)九(jiu)八(ba)十(shi)一(yi)です。ヤッター!九九が最後まで言えたね!

«expectの意味(トイレの詰まりは解決できるのか)

Twitter