« 旅の豆粒ヒント(4):Let me think about it. | トップページ | 霊になったみたいです »

黒猫、永眠いたしました

Anko

16日未明、黒猫女王、永眠いたしました。

ここ数日、食べ物から顔をそむけるようになり、(ああ、まもなくだなあ)と、飼い主の心の準備が整うのを見届けるようにして、この世を去るという、いかにも彼女らしい最期でした。

目も開かない子猫の頃に千葉の海岸に捨てられていたのが、優しい夫婦に拾われ、友だちの友だちの友だち・・にもらわれるはずだったのがキャンセルになり、間に入った私のところにやって来た未来の黒猫女王。その後、引っ越しだの子育てだの病気だの、一生のうちにやるべきことは全部済ませ、10才を過ぎてからは、黒猫女王の地位を確立し、のんびり老後を送っていました(むむむ・・まあ・・子犬だの子猫だの、うるさいのが加わり、かなりお怒りではありましたが)。

こんな気の利かない飼い主で、幸せだったかどうかはわかりませんが、少なくとも充実した一生ではあったと思います。最期まで自分らしさを押し通した一生でもありました。合掌。

« 旅の豆粒ヒント(4):Let me think about it. | トップページ | 霊になったみたいです »

ペット」カテゴリの記事

コメント

残念です。女王様なら20年はいけるぞ!と思っていました。

向こうに うちのラッキーやべス 最近ではまさおくんもいます。大歓迎されて 女王様は うるさいな~と思われるかもしれませんが・・。

そのまま おだいじに・・。
ご存知かもしれませんが 虹の橋のお話です。

http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html

黒猫女王の娘が今17才なのですが、とてもその年には見えず、こいつは20才楽勝かもしれない。その年で、ベランダから柿の木に飛び移るなんてことを、平気でやっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57523/13097138

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫、永眠いたしました:

« 旅の豆粒ヒント(4):Let me think about it. | トップページ | 霊になったみたいです »

Twitter