« 銀世界を散歩 | トップページ | 初めての試練 »

ばあちゃん猫にさよなら

先日、ばあちゃん猫が急死しました。

Kina0202a

夜中に犬が猛然と吠え、それに続く奇妙なうなり声で目を覚ますと、ばあちゃん猫がベッドの横に倒れていました。四肢を突っ張るように投げ出した変な姿勢を見ただけで、(あっ。ついに・・)とピンと来ました。念のために何度か名前を呼びましたが、すでに瞳孔が開いた状態。1時間前には元気な姿を見ていたので、おそらく脳卒中のようなものだったのでしょう。

すでに18才を超えていましたが、生まれてこの方、病気も怪我も一切したことがなく、これほどの高齢になっても、柿の木に飛び移ったりしていました。そんな猫だったので、だんだんに弱って動けなくなるという状態になった場合、かなりフラストレーションがたまるだろうなあと心配していました。木に飛び移ろうとして、キュッと心臓が止まるような死に方が理想ではないかと想像していたのですが、どうやらそれに近い死に方だったようで、幸せな最期だったと思います。

2号もばあちゃんにお別れをして・・

Farewell0202

先代黒猫女王(ばあちゃん猫の母ですね)のときと同じように火葬してもらいました。

Kina0202b

これまで可愛がってくださった皆さまに、あらためてお礼を申し上げます。

ちなみに、上の写真の骨箱ですが、今回、火葬のレベルを女王のときよりも1ランク下げたら、骨壺が一回り小さかった!なんだか差別したみたいで悪かったかなあと、ちょっと反省。でも、考えてみたら、同じ大きさでは、猫の天国で黒猫女王が「私と同じだなんて生意気!キーッ!」と、例によってかんしゃく玉を破裂させていたような気がするので、正解だったかも。

« 銀世界を散歩 | トップページ | 初めての試練 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~ん!
わたしもにゃんこだいすきです。
寂しくなりますね。
でも亡くなっても大事に火葬までしてもらって、幸せなにゃんこですね!

そうですねえ。猫はまだ2匹いるのですが、やはり抜けた穴は埋められないので、寂しいですよね。

でも、なにしろ猫で18才ですから、天寿を全うということで、良かったと思います。

わんちゃんが、ねこちゃんの異変を教えてくれたんですね。
病気をすることもなく、最後まで元気な姿を見せてくれたなんて、ほんと飼い主思いの猫ちゃんですね。
心からご冥福をお祈りします。

飼い主がおおざっぱでカンが鈍く、あまり気がつかない性格なので、元気でいてくれたのはありがたかったですよ!

いつも毛並みが綺麗でしたので、もっと若く見えました。
もう18歳だったのですね。
苦しむことなく、幸せな最後だったのではないでしょうか。
でも、もう会えないと思うと寂しいです。

ご冥福をお祈りいたします。

散歩屋さん、いつもお世話になっております。

生まれてこの方、具合の悪い日が1日もないという猫だったので、年取ってからも毛並みが良かったですよね。

プロの方に「幸せな最後」と言っていただけると、飼い主も気持ちが落ち着きます。ありがとうございます。

忙しくて2日あけたらきなこさんの訃報・・・前項の雪の散歩の動画と足跡の写真がとても piece of ordinary happy day だったのでショックでした。でも黒猫女王さま、きなこ姫も長い時をそのままさんと共にして「幸せな猫生」だったと確信しています。
私はHPで庭の様子や相棒たちの小さかった頃の紹介が大好きでなんども見ていたのですが・・・。 とにかく合掌!!

ありがとうございます。

飼い主は至らぬところだらけでしたが、黒猫女王という最強の母に守られ、何の苦労もない一生のように見えました。最後まで元気だったしね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀世界を散歩 | トップページ | 初めての試練 »

Twitter