2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« エイちゃん久しぶり | トップページ | 43. ディエゴとフリーダ »

42. 最後の最後になって、いかにもキューバだった

4月19日(火)←2年前の!トホホ

たいへん居心地の良かったバジャモから飛行機でハバナに戻ってきました。都会じゃ~。

前と同じ宿ですが、ステファノのお父さんの具合が悪く、夫婦でイタリアに帰郷中。エリスのお母さんが宿の面倒を見ていました。小柄で可愛いおばさん。スペイン語しか通じないので、あせったけど、なんとかなった。

水道管敷設工事中だった前の道が、ほぼ完成状態。「わー、工事、終わりますねえ」とエリス母に言ったら、「終わりかけている」と、スペイン語を直された。

Habana1802146

さて、せっかくの都会なので、こんなシャレたお店でランチです。

Habana1802144_2

シャレてるのはいいけど、店名がちょっと変?Mama Ine・・・って???あ、最後のzが落ちてしまっているのだ。本当はMama Inez(ママ・イネス)という名前だよね。たった今しがた落ちたようにも見えないし、かなり長い間、放置状態にあるような。やっぱりキューバだねえ。

Habana1802143

食事は特に抜け落ちたところもなく、うまかった。高かったけど。

キューバの見納めに長い散歩をしました。

Habana1802142

Habana18021410

Habana1802149

Habana1802148

首につけているのは、どうやら狂犬病の注射済みで危険がないことを証明する鑑札のようです。鑑札をつけた犬は外をうろついてもいいのかも。

Habana1802145

恒例のおみやげショッピングに出かけたのですが、おみやげにいいものって、ほとんど見つかりません。バカでかい倉庫のようなマーケットでチープな土産物は売ってるけどね。買えるのは有名な葉巻と、コーヒー、香水ぐらいかな。ついこの間まで物資が不足して、日用品の購入にもスーパーで行列が必要だった国なのだから、しかたないですな。

4月20日(水)

荷物のパッキングをしていたら、なんと、部屋のカーテンレールが落ちた!エリス母に「大変大変!」とご注進したら、脚立を持ってきてくれたんだけど、私にやれと命令するのである。客なんだよ、私は。金払ってんだよ。稼いでるくせに!勝ち組のくせに!

まあ、しょうがないから、やりました。ところが、これでいいかな、と脚立から降りたら、エリス母。少し傾いていると文句を言う。ったくも~。はいはい、直しますよ。

約束どおりにタクシー(ボロボロのロシア製)が来ましたが、これが動かない。エンジン、かかりません。運転手のおじさんがレンチを取り出し、フードを開けて、どこかをガンガン叩く。バッテリーがあがったとかじゃないみたい。いや~な予感です。

それでも駄目で、結局、通りかかった男性に頼んで押してもらい、ようやく出発。

ところが途中でまた動かなくなり、今回も、おじさんのガンガンは効果なし。私はもう、その場で降りる準備をしていたら、おじさんが、「いや、待て!大丈夫だから!」と言うのだ。どうするのかと思ったら、そばに止まっていた車の男性に声をかけて、こういうことに。

Habana18021411

これ、男性の車とタクシーをロープでつないでいるのです。おじさんも、このくわえタバコの男性も、それほど慌ててもいない感じ。珍しくないのかも。

Habana18021412

ね?こんな塩梅で走り出し、そばのガソリンスタンドまで引っ張ってもらいました。そこで何やら応急処置をしてもらい、あとは問題なく、飛行機に十分間に合う時刻に空港に到着。

特に問題がなかったキューバ旅行でしたが、最後の最後で、まだまだ大変な状況を、身をもって体験したわけ。

« エイちゃん久しぶり | トップページ | 43. ディエゴとフリーダ »

ユカタン+キューバ旅行2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エイちゃん久しぶり | トップページ | 43. ディエゴとフリーダ »

Twitter