2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 平塚美術館・土田泰子(つちだひろこ)展 | トップページ | 自社専用原稿用紙 »

歩く!ユーチューバーRambalac

日常生活でも旅行先でも、ついつい歩いてしまいます。長々と歩く。その理由の一つは、目の前の光景が時々刻々と変わってゆくでしょ?A地点からB地点にパッと瞬間移動するのではなく、光景が連続している。それが面白いのね。

でも、それだけではないような気もします。とにかく、足が動いてしまうのです。物心ついた幼い頃からそうでした。3歳の頃にすでに、親がちょっと目を離すと、まっすぐ歩いて行ってしまっている。そんなわけで、なぜ?ときかれても、なかなかうまく説明できないんだなあ。

ただし、少なくとも、同好の士がいることは確かです。

たとえば、Rambalac さんというユーチューバー。YouTubeのチャンネルはこちら

この方の動画には、ご本人は登場せず、語りもなく、音楽もない。何をしているかというと、ひたすら歩いているのです。歩く Rambalac さんの目に入るものを撮影する。チャンネルの動画のどれかを数秒でも見れば、撮影がプロ並みであることがおわかりいただけると思います。個人的に撮影しているという説明ですが、ひょっとして、映像関係のお仕事に就いておられるのかも?

で、どれだけ歩くかというと・・・

Rambalac190124

これは Rain としてまとめてあった動画リストですが、雨の中を1時間以上歩いているのだ!9番目なんか、台風の中を歩いている!

当然、傘は持てませんから、レインウェアをすっぽりかぶった状態で撮影しています。それでもカメラがブレないのであった。

レンズに雨滴がつくので、あれ、なんていうのかなあ。カメラのレンズを掃除する道具があるでしょ。ゴムまりみたいなものをスカスカ押して空気を出して、掃除するやつ。時々、あれが登場して、雨滴をとばしています。そこまでして、歩くのです。

忙しい毎日の中で、ちょっと疲れたなあというとき、Rambalac さんの「ただ歩くだけ」の動画をボーッと見ると、癒やされるみたいよ。

その意味では、イベントやお祭りを撮影した動画よりも、普段の街の様子を淡々と撮影した動画の方がいいかも。

« 平塚美術館・土田泰子(つちだひろこ)展 | トップページ | 自社専用原稿用紙 »

今日の研鑽」カテゴリの記事

コメント

仕事はビデオと関係ない、ソフト開発です。

そうなんですか!でも、きれいですよね~。

新宿なんか子供の頃から知っていますが、長時間連続して歩き続ければ、あんな風に見ることもできるのだなあと、目からウロコです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平塚美術館・土田泰子(つちだひろこ)展 | トップページ | 自社専用原稿用紙 »

Twitter