2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

続・ポチパパさん-「難易度高」のその後

前回ご紹介したポチパパさんの動画で「難易度高」だった常同障害(不安が募るとグルグル回るなどの同じ行動を繰り返してしまう精神的障害)の柴さん。

その後のリハビリで、ええ~っ!という変わりようです。ねねちゃんという、なにやら愛らしげな名前もつけてもらいました。



ブラッシングもガンガンできて、試しに意図的に毛並みに逆らう方向にブラシを動かしても、怒らない。ポチパパさんによれば、まだ常同障害が残っているし、里親募集までは、まだもうちょっとね、だそうです。

でも、首輪をつけたときとは、顔つきが明らかに変わってる。う~ん、もう少し目つきがトロ~ンとするといいのかなあ。アップになると顔立ちがきれいなのだけれど、それはキリッとしているからで、もうちょっとオタフク顔になるといいかも。

ポチパパさんの問題犬保護活動

日々、腹の立つことは多々あるわけで、たとえば東京都の犬の「殺処分ゼロ」という嘘八百。単に都知事が政治の道具にしているだけだね。「譲渡可能な犬」は殺していないだけで、噛み癖などの問題がある犬は殺処分しているんですよ。

実際、噛むなどの問題行動のある犬は保護団体も引き出しにくい。でも、こんな活動をしている方もおられます。ポチパパさん。

Pochipapa190615

活動に関する情報発信は、ブログよりもYouTubeで主にされていて、これがねー、犬との接し方に関する技術指導に加えて、涙あり、怒りあり、笑いありのドラマが連発で、一度見たら、やみつきになる!私はもうほとんど、ポチパパYouTube依存症になりかかっています。毎朝、ドッグスクールポチパパ北村紋義というYouTubeチャンネルの動画のどれかを見てから、1日が始まるのだ。

シロウトが試したらダメだけど、参考までにという、こんなのもあれば・・・。



問題行動矯正の一環として犬の群れでの社会化訓練もあって、こちらは犬たちがワーワー走り回ってるのを見るだけでも楽しい。



もう一人のスタッフの高木さんが管理しているDog Rescue A&Rの素顔というチャンネルもあって、メインチャンネルの方のファンの間で大人気のピットブルのピーちゃん名場面集もあります。

シャンプーを嫌がりません

いやー、これは嬉しい!ライくんはシャンプーを全然嫌がらない!

小さい子たちはラクラク扱えるから、嫌がっても問題なかったけれど、中型犬になると、洗う表面積が大きいからねえ。嫌がられると面倒だったんだよなあ。タイキくんもイチゴちゃんも、後でもらえるおやつに一心に集中して、必死で我慢!シャンプー終了後は、タイキくんなんか、ギャー!と飛び回っていたもんなあ。

それがライくんはぜ~んぜん。毎日、外から帰るとお風呂場で足を洗うから、お風呂場に入ることにも抵抗がないしね。シャンプーも変な匂いとかしない天然成分だし。それも良かったかな。ただいま、毛づくろい中。

Ryan190606

ただ、残念ながら、「純白」には程遠い仕上がりで・・・。もう、しかたないね。

ところで、ココログのアップグレード後、いつの間にか動画埋め込みが復活したみたい。まずはお散歩ね。

うちに来たばかりのときは、私の前を横切ったりして、ダメダメな歩き方だったのですが、もう上手に歩けるようになった!

それと、例によって例のごとく、ヨーグルト・・・というか、私が食べた後、容器の壁についたヨーグルトの残りをなめております。

 

すでに緊張感のない関係になってしまった

ライくんがうちに来てから、数日はお互いに探り合いのような雰囲気。その後、私のあとをどこにでもついて来たがるようになり、それはそれで、愛情確認というか、信頼関係を樹立中というか、刺激があったのですが、1ヶ月が経過した今、もはや緊張感なく、ゆるゆるの関係です。

たとえば、外の鉢の水やりに出ると、ついて来るのですが、玄関を出た後、私が階段を降りると、

Ryan190603

「俺はここで待ってるからな~。がんばって水やりしてな~」

とか言っちゃって、降りて来やしません。

相変わらず、私が家のどこかにいるのに姿が見えないと、鼻鳴きするのだけれど、見えていればいいみたい。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

Twitter