2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

ケントン・チェン(Kenton Chen)で猛暑を乗り切る

外に出るのがこわい!というのが誇張ではないほどの酷暑ですが、なんとか暑さを乗り切りましょうというわけで。こんなのはどうでしょうか?ケントン・チェンというアメリカのミュージシャンがビヨンセの Hold Up という曲をカバーしています。ギタリストはモリー・ミラー(Molly Miller)という方。

一見、ジョークかと思ってしまうような外見ですが(失礼!)、どうしてどうして。モリーさんとおそろいの衣装が可愛い!

Kenton190731

歌詞自体はHold up, they don't love you like I love you....「ほかの女たちはあたしみたいにアンタを愛してないんだから、いい加減にバカはやめなよ」という重い内容で、ビヨンセ自身のミュージックビデオは例によってババーン!とした華美で派手で大仰なものです。とてもじゃないが、汗がだらだらというときに聞く気にはなれない。

でも、ケントンだと、こんなに軽やか。モリーさんも軽やかに演奏なさってます。



アレサ・フランクリンの曲もカバーしています。こちらもアレサが歌うと、迫力がすごいわけですが、ケントンだと、せつない願い・・・乙女~です。



夏っぽくはありませんが、ピンクのジャケットがあまりに可愛いので、オマケ。バックコーラスもステキ。

完全和平まであと一歩

ようやく黒猫2号がライくんの存在を許してくれた・・・ような?ここまで接近可能になりました。

Catdog190728

でも、猫の姿勢と尻尾の緊張状態からして、完全和平まではもう一歩かなあ。ライくんの方は最初から問題ないんだけど。むしろ仲良くしてほしくてヒーヒー鼻鳴きするから、いやがられていたので。

長い梅雨があけて暑くなり、ライくんは昼間はエアコン生活。まったりしてます。

Brushing1907281

ブラッシング大好き!全身がぐにゃぐにゃになる・・・。

Brushing1907282

ブラッシング後はこんな感じ。

Llegó el tren a Holguín(オルギンに列車が到着)

キューバの鉄道が復活というニュース。

キューバ旅行でハバナバジャモで生き残っている短い路線を経験しましたが、キューバでは鉄道はほぼ全滅状態で、とても残念だったのだ。それが中国製の車両を買い、なんと西のハバナから東のサンティアゴデクバまで全線、一気に復活ということなのです。

Cuba190718

夜行列車でハバナ午後4時出発、サンティアゴデクバ到着が翌朝の6時。これまでは延々数日かけてバスで行くか、高い料金を払って飛行機で行くしかなかったので、沿線住民は歓喜に湧いているようです。



この動画は終点よりも少し手前のオルギンで復活を喜ぶ人民の様子。そう言えば私自身、キューバ旅行でオルギンからハバナまで飛行機で戻ったんだよなあ。

ただ、たぶん問題は線路の保守だと思う。中国かロシアから技術者が来ているらしいのですが、来年、再来年と、さらに新車両を投入し、便数を増やす計画とのことなので、国内で技術者を育成しないと、先行きが不安。

毎朝のおもちゃ進呈儀式

ようやく、ライくんの朝の儀式・・これ↓

Ryan190711still

の動画を撮影できました。



不思議なのは、普段、ゼンゼンおもちゃで遊ばないんですよ。投げてやったりしてるんですけどね。興味なし。

朝の儀式のための用具である!と、勘違いしてしまったか?

あの有名な方と

ライくん、どうもどこかで見たような顔だなあと思っていたら、やっとわかりました。こちらの方です。

220pxhachiko

ハチ公。そしてこちらがライくん。

Ryan190704

ハチ公は秋田犬だそうで、ライくんよりもだいぶ大きいので、全身を比べたら似てないけど、でも、ね?ね?左耳が寝ているでしょ?


ハチ公は野犬と喧嘩して耳が折れたそうですが、ライくんは耳の病気が放置されて悪化して、こうなってしまいました。アニプロさんで治療を受けて、今は完治しています。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

Twitter