2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

中国語圏でマキシマムザホルモンってどう書くの?

マキシマムザホルモン(Maximum the Hormone)というバンドのライブをYouTubeで見ていて、ふと疑問が。中国語でどう書くの?

なぜこんなことを思ったかというと、マキシマムザホルモンはすごく人気のあるメタル/パンクバンドで、ファンの支持も熱い!私は「パンク」っぽい感じが好き。生活感のある歌詞もいい。まず間違いなく、一言も聞き取れませんが、YouTubeなら字幕付きだから、オッケーね。

Maximumthehormone

海外にも熱狂的なファンがいるようで、2017年には南米ツアーを敢行。

Mthsouthamerica

南米のメタルファンってどんなの?と思うと、ブラジル、サンパウロでのコンサートの演奏前の様子が公式チャンネルでアップされていました。



やっぱりブラジル人はすごいね。演奏前からこれで大丈夫か?

チリのロック専門サイトでは、こんな風に紹介されています。

Maximum The Hormone es una banda japonesa que mezcla varios subgéneros del rock, punk y heavy metal.

「マキシマムザホルモンはロック、パンク、ヘヴィメタルのさまざまなサブジャンルを混合した日本のバンドだ」

スペイン語圏なら、アルファベットを使うから、英語のままでいいですよね。でも、中国語圏ではどうなの?

ご存知のように、日本で外国語を取り入れるときに似た音のカタカナをあてるように、中国語では似た音の漢字をあてます。有名なのは可乐(kele)(コーラ)かな。

でも、漢字1つで1音か2音だし、マキシマムザホルモンは長過ぎないか?と思って調べたら、なかなかいい手を使っていました。

疯狂火爆震撼的超极限荷尔蒙METROCK2015现场

これはライブ動画のタイトルですが、「超极限荷尔蒙」という部分がバンド名です。荷尔蒙(heermeng)は音の当て字で、超极限(chaojixian)は意味を採用したんですね。超極限というわけです。

それにしても、漢字の威力はすごいね。「疯狂火爆震撼」って、あなた。

ちなみに、音楽ジャンルとしてのメタルは、そのまんま「金属」(jinshu)です。

じっとしているしかないよ

もうホントに、台風の影響で激しい雨が降ったり、猛暑が続いたり、いやな毎日が続いております。散歩もその日の不快さ加減に合わせて、短くしたり長くしたり、調整しています。

いずれにしても、暑い盛りの日中は、とりあえずエアコンかけてじっとしてましょ。

というわけで、ライくんのベッド、季節によってどちらかの面を使い分けるようにできていて、夏はこのサラサラした方を使います。

Ryan190817

頭や顎をのせる部分をわざわざ盛り上げて作ってあるのですが、これをなかなかご理解いただけません。いつもこんな感じになってる。でも、このサラサラベッド、嫌いではないらしいから、良かった。

熱中症に気をつけて、あともう少し、辛抱しないとなあ。

NPRで王羽佳/Yuja Wang/ユジャ・ワン

以前に米国のNPRというラジオ/インターネット局のタイニー・デスク・コンサートを紹介しましたが、ミュージシャンのそばで聞きたいという趣旨のタイニー・デスクと逆に、外に出るといいますか、「条件を整えた録音施設ではない意外な場所で録音してみようじゃないか」という趣旨のシリーズもあるんです。こちらも面白いよ。森の中とか墓地とか廃坑とか。

少し前のを見てみたら、ビックリ。こんな多忙な方まで呼んでいた!

Yuja190808

曲はプロコフィエフのトッカータ Op.11 ニ短調。NPR Musicの動画の説明文のタイトルは"On A Chilly Factory Floor, Yuja Wang's Piano Sizzles"(冷たい工房の床の上でユジャ・ワンのピアノがジュージュー焼ける)。sizzleというのは焼き肉が焼けて汁がたれると、ジュージュー音がするでしょ。あれのことです。



いやもー、恐ろしいほど忙しい人で、世界中を飛び回り、たぶん年100回ぐらいコンサートやっているのではないかな?どうやってスケジュールの都合をつけたのか・・・。そう言えば、ヨーヨー・マもタイニー・デスクに呼んでいたしねえ。NPR、実力あるね。スタインウェイのピアノ製造工房で演奏するという企画の面白さでユジャを釣り上げたかな?

いちばん最後にユジャがヘッヘッヘと笑いながらThis piece is killing me!(この曲、もー、死にそう!)なんて言ってます。速いからね。それに、冬のニューヨークだし。手首はちゃんと保護しているけれど、指がちゃんと動くか、心配はなかったのでしょうか。

ちなみに、と言いますか、ぜんぜん無関係なことですが、英語のアルファベットではYujaと書きますが、ピンインではyujiaと入力しないと、「佳」という字が出てきませんので、要注意です。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

Twitter