2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2019四川・云南・貴州(3):大熊猫繁殖基地 | トップページ | 祝譲渡!・・と同時に、さよならだけが人生だ »

2019四川・云南・貴州(4):高齢者割引ゲット!

成都は三国志ゆかりの地として有名で、劉備が蜀の都に定めたのが、ここ成都です。

Sanguo_map
 
ですが、実は三国志よりはるか昔の大規模な古代遺跡が2カ所も発掘されていて、三国志ファンではない私としては、こちらの方が面白かった。今回は時間がなくて、そのうちの1カ所、金沙遺跡とその付属博物馆にしか行けず、ガッカリ。でも、実は次回の旅行の計画もすでに立てているので、三星堆博物馆の方はそのときに必ず行きます。

2001年、マンション開発の下水道工事中に見つかったアッと驚く大発見の金沙遺跡は、紀元前1000年前後という古代の遺跡です。詳しくはwikiでお読みください。

もよりの地下鉄駅で降りて、どこかな~とキョロキョロしながら交差点まで来たら、おお!ここか!

Jinsha1912152_20191217200801

ちょうどご通行中の方(*注)がおられたので、大きさがわかりますね。遺跡からはマンモスの牙も出土したのでしょうね。

遺跡はこんな風。(クリックすると拡大写真)

Jinsha1912151_20191217200801

住居跡や祭事の道具などが展示されていて、古代の人がどんな生活をしていたか、つぶさに想像できる場で、とても興味深いものでしたが、ここでの最大の発見は、入館料。

一般に、今回の旅行先では、博物館などの入館料が高めだなあという感じでした。ここも70元(1100円ぐらい)。切符売り場でお金を出そうとしたら、「パスポートをご提示ください」と言われ、ハア?と首をかしげつつ提出したら、「あ、無料ですね」、と!!!!

こういうことです。

・・・残疾人(含军残证)、及60周岁以上(含60周岁)老年人免费

免費は無料、タダという意味。やったー。この後も、国立公園を含め、どの公共施設でも、半額とか無料とか、かなりお得でした。

ここで「ひょっとして、パンダも・・」と、調べたら、この前に行った大熊猫繁育研究基地も入館料55元が無料のはずだった。残念。

*注:この話とは全く無関係ですが、成都ではこういう八頭身風の体格の方、けっこう見かけます。そもそも背が高い。女性でも190センチぐらいの人がいて、ビックリ!三国志のイメージ通り、やっぱり豪傑の国なのねえ。

« 2019四川・云南・貴州(3):大熊猫繁殖基地 | トップページ | 祝譲渡!・・と同時に、さよならだけが人生だ »

四川・雲南・貴州旅行2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019四川・云南・貴州(3):大熊猫繁殖基地 | トップページ | 祝譲渡!・・と同時に、さよならだけが人生だ »

Twitter