2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 謹賀新年・日照金頂 | トップページ | 犬のいぬ間に山歩き »

2019四川・云南・貴州(5):川劇(せんげき)-四川風京劇

パンダ、古代遺跡と見物して、夜は観劇です。忙しい!

成都は単に入出国のための通過点としか思っていなかったのが誤算で、観光スポットがけっこうたくさんある町でした。そんなわけで、すでに初日で再度の来訪を決定。

四川風の京劇、川劇を上演する「蜀风雅韵」(蜀の時代風の雅やかな詩歌・・という感じ?)という劇場まで地下鉄で行きます。全体が覆われるタイプのホームなので、線路との間のドアに書かれたスローガンが、いやでも目に入るのだ。

Bunmei200109

キーワードは「文明」!ここでの文明はインダス文明などという使い方とは意味が違い、「マナー」です。「文明出行」ですから、「マナーを守ってお出かけを」ってことですね。「ちゃんと並び、降りる人を先に通してから、順序よく乗りましょう」なんて書いてあります。成都だけでなく、この旅行中、各地で「文明」のスローガンを見ました。「衣食足りて礼節を知る」というわけかな?

劇場の入口で職員のおじさんに切符売り場の場所をたずねたら、座席表を見せて値段(お茶とお菓子付き)を説明してくれたので、前の方の右側という、そこそこの値段の席にしました。そうしたら、それが思いがけなく面白いものが見られる席で・・・

Massage200109_20200113102401

マッサージと耳かき。なんで劇場で?しかも上演中も営業しているのです。でも、施術中のお客さんをこっそり横目で観察すると、気持ちよさそう。右隅にあるから斜めになるけれど、舞台も見られるし、音楽は聞けるしね。

開演まで時間があったので、土産物屋を覗きに行ったら、こんな商売もやっているのでした。

Photosession2001091

役者さんのような衣装を着せてもらって写真撮影。白塗りメイクもしてくれます。

Photosession2001092

役者さんたち自身もすぐそばで、こちらは自分でメイクしているんですけどね。

プログラムそのものはどうかというと、これがなかなかのものだったのです。大型バスでドドドッと押し寄せる観光客向けの大雑把な内容かと思ったら、なんのなんの。劇の中で披露される「变脸」(顔を変えるという意味)という、演者が素早く仮面を変える早業が呼び物なのですが、それだけでなく、その間に軽業、お笑い等々、長年キャリアを積んだ芸人さんたちの達者な芸が挟まれ、観客を飽きさせません。

音楽劇ですから、どうしても台詞は聞きづらいし、ひょっとすると、昔の言葉のままなのかもしれません。その対策として、字幕付きです。日本人なら、だいたいどういう内容なのかわかるかも。

Opera2001091_20200113110401

横の席だったので、動画がうまく撮れていませんが、舞台はこんな具合です。

« 謹賀新年・日照金頂 | トップページ | 犬のいぬ間に山歩き »

四川・雲南・貴州旅行2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年・日照金頂 | トップページ | 犬のいぬ間に山歩き »

Twitter