2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

インド旅行(3)ちょっと贅沢

古都ジャイプルは塀で囲まれているので、ところどころに門があります。典型的なイスラム建築ね。

Gate200501

内側は美と歴史と緑陰の王宮や博物館。外側はガラリと変わって、前回紹介したように「キタナイ・クサイ・ウルサイ」の三拍子が揃った普通のインドの都市です。

Fruitvendor200501

露店の果物屋さん。左上方の赤矢印の先には・・・赤ちゃんザル。将来は果物屋の天敵に育つかも?

Babymonkey200501

さて、ザッとジャイプルの観光を終えて(と言っても、5時間ぐらい歩き続け)、夕飯です。

久しぶりでターリを食べたかったので、宿から歩いて数分の人気レストランで、ちょっとだけ贅沢することに決定。

Restaurant200430

メニューで大好きなゴビアルー(カリフラワーとじゃがいもの煮物)が目に入り、迷ってしまった。でも、これから先、ゴビアルーはどこでも食べられるけど、ここはターリで定評のある店だから、初志貫徹。

Thali200430

整理整頓バッチリで料理がきれいに並んだターリ。辛い、酸っぱい、甘いが全部揃っています。やはり若干高めのお値段で600ルピー(900円ぐらい)。

中央の丸いのがバーティ(Baati)というラジャスタン名物のパンで、ちょっと硬い。さあ、どうやって食べるのかなと思った瞬間、奥の席で食事中だったご家族の中から若者がサササッと飛んできて、「ちょっと失礼」と言って皿の上のバーティを取り上げ、パカッと割ってくれました。

「こうやって食べるんだよ!ほかにもなにかわからないことがあったら聞いてよ!」

これもインドで楽しいことのひとつ。「袖すり合うも他生の縁」が生きています(少なくとも庶民の間ではね)。

明日、早朝5:30発の列車に乗るので、夕飯の帰りに道順を確認がてらジャイプル駅まで散歩。駅はライトアップされています。

Jaipurjunction200430

実は旅行に出発する直前、列車の予約を何本かインド国有鉄道の公式予約サイトで入れようとして、インド鉄道と12年ぶりにバトルをしました。

「住所が12年前と違うじゃないか。これは本当にあんたのアカウントか?」と言うのです。別に住所が変わったわけではなくて、地番での表記だったのが10年ほど前に住居表示に変わったのよ。メールで説明したんだけどねえ。だいいち、ちゃんとクレジットカードで支払いができるんだから、私の身元はクレジットカードの会社が確認しているわけで、私がどこに住んでいようが、どうでもいいことじゃないの?何度かメールでやり取りして、結局、予約は入れることができたけど。ああ~、疲れるインド鉄道・・変わらないわあ。

今回、ちょっと変わったホテルに宿泊しました。町の中心から4キロぐらい離れた閑静な住宅地にあります。昔のお屋敷のことをハヴェリ(haveli)と呼びますが、ここもかつては資産家のお宅だったようです。伝統的建築様式の建物自体は昔のまま維持しているようですが、外壁塗装があまりにも安っぽくて(というより、文字通り安いペンキを使っていて)、残念な結果に終わった模様。  

でも、部屋のインテリアは良かった。壁紙(というよりクロスですね。布だし)が上品じゃない?

Hotelroom200430




« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

Twitter