花木・生きもの

子連れカモの季節

散歩コースで立ち寄る小川で毎年恒例の・・


犬連れなので、動画も写真もうまく撮れないのですが、まあ、なんとかスマホで。

Ducks170603

撮れてた!

今朝は得意なオフィスそのままなのだ。

何が得意かというと・・・

Kogera170520

コゲラ!

朝ご飯を食べ終わって、カシャカシャ歯磨きしていたら、いちごが妙に熱心に庭のミモザを見ている。な~に見てんの?と近寄ろうとしたら、カツカツカツと音がしてきました。

ん?

あっ!これはひょっとして、コゲラ?!

実は先日、撮り損ねていたので、すぐにピンときまして。でも、こういうときに常にネックになるのが、窓や網戸を開けなければならないということです。その音で鳥が逃げてしまう。

ダメかなあと思いつつ、カメラをつかんでベランダに出ました。ヤミクモ!って感じでシャッターを押しましたが、その一瞬後にコゲラは逃げてしまったので、撮れているかどうか不明。

おそるおそるファイルを開けると、撮れていた!ボケボケですが。でも、まあ、いずれピントが合った写真が撮れる日を祈念してですね、今日はこれで良しと。

それにしても、やはり犬って、すごい。木をたたく音がする前に、いちごは鳥が来た気配に気づいていた。ただ、「ご注進!」というわけにはね、いかないですわな。そんな大事なものとはわからないものね。

今年も咲きました

毎年、代わり映えもしませんが、やはりきれいに咲いたのはうれしいので、ちょこっとね。(クリックすると拡大写真)

Rose1705151

Rose1705152

Rose1705153

玄関先ではカエルもがんばってます。

Flowerpot170515_2



Venus's Flytrap ハエトリグサ

ハエトリソウ、ハエジゴクなどの別名もあります。北米東海岸原産の食虫植物。

Daniel Chamovitz(ダニエル・チャモヴィッツ)という植物学者が書いたWhat A Plant Knows(和訳「植物はそこまで知っている」)という面白い本を読んでいたら、この植物のことが出てきたので、ネットで検索したら、こんなものも売っているんですね。

今日届いたのですが、育て方を読んだら、そもそも人間が餌を与える必要はない。自分で勝手にハエなどの飛んできた虫をつかまえて食べるそうです。

それどころか、葉を閉じるために相当のエネルギーを使うとのことで、面白がって何度も虫や肉を与えると、ハエトリちゃんが疲れてしまい、生育によろしくない。それは厳禁!でもまあ、とりあえず一度やってみました。

見た目はこんなの。3号ポットの直径は10センチ足らず。ちっちゃくて、かわいい。

Venusflytrap170508

飼っているミミズの中で、まだ小さい、ちょうどいい大きさのを与えてみました。途中でミミズを落としてしまい、あわてたので、よく撮れませんでしたが、葉が閉じるところは撮れていました。


疲れさせたくないので、1週間ぐらいしたら、またやってみます。次は落とさずに、ちゃんと撮りたい。

ちなみに、湿地性の植物なので、水を切らしてはいけません。腰水を使うと良さそうなので、水を入れたお椀の中にポットを置いてあります。

(今、動画を再生してみたら、どういうわけか、ちょうど閉じたところでカタッという音が入ってしまっています。それは偶然どこかで音がしただけで、葉が閉じたのとは全く無関係です。)

てるみくらぶ

だいたい月に一度は墓参りに行くようにしているのですが、今の季節は花見がてらです。うちのお寺さんに枝垂れ桜があるので。(クリックで拡大)

Sakura170407

ちょっと久しぶりで姉と会ったら、待ち合わせ場所で顔を合わせたとたん、

「あんた!大丈夫っ!?」

はああ?なんですかあ~?と、目を丸くしたら、なんのことはない。「てるみくらぶ事件」のことでした。私がよく旅行するので、旅行関係で事件があるとたちまち、姉の脳がグルグルになってしまうのであった。

ま、これは興奮しがちな姉の早とちりですが、実際に、あやうく・・という話を知人から聞いたんだよ、これが。

昨年、てるみくらぶを利用したんだと。ほかの旅行代理店より10万近く安く、その理由としては、夜中に到着するなど、空路であまり人気がなく、座席が余りがちなところを安く買うのだという説明だったそうです。

まあまあ問題なくツアーは進んだのだけれど、数か国を周遊するツアーで、途中で次の国に飛ぶ便の出発が遅れ、機上でとるはずだった夕食を町でとることになった。その1回分の夕食の代金を「てるみくらぶ」側が出さない。抗議したのだけれど、添乗員も困っている様子で、結局、予備費のようなお金から、夕食代の一部が出た、と。

それ自体は大したことではないけれど、やはりおかしいから、帰国してから、てるみくらぶにメールで質問したら、それに対してナシのつぶて。

「大したことじゃなかったけど、とにかく、こちらのメールに何も返事がないというのが、おかしいと思ってさあ。もう二度とあそこは使わない!って思ったわよ」

という結論に達したところへ、倒産のニュースだったのだとか。

クリスマスローズ

庭への入り口にあるクリスマスローズは、元々鉢植えだったのを露地に移したもので、鉢のようにさえぎるものがないから、べつに栄養を与えなくても毎年、大きくなり、花の数も増えます。今年も増えました。(クリックすると大きい画像)

Christmasrose1702281

Christmasrose1702282

Christmasrose1702283



カワセミ

いちごちゃんと散歩中、途中の調整池(河川の水量を調整するための人工池)でカワセミを目撃!

カルガモ、コサギ、アオサギなどの水鳥は、ほぼ毎日、その調整池に来るのですが、カワセミはたまにしか見かけないので、できれば撮影したいところです。帰宅後に慌ててカメラと双眼鏡を持って、まだいるかな~と、ドキドキしながら調整池に駆け戻る。

いました!でも、コサギが来てしまって、カワセミは落ち着かない様子です。ほら、どちらも餌をとりに来ているので、競争関係にある相手だからね。当然、コサギの方が強いし。カワセミは今にも飛び立ちそう。大慌てで写真を撮ろうとしたのですが、とまっているところが柵の向こうで、難しい~。

うう~ん、なんて奮闘していたら、あろうことかあるまいことか、自転車で通りかかったオジサンが立ち止まり、ドデカイ声で、

なに撮ってんのおおおおお~!!!」

ゲッ。こちらはコソコソと小声で、

カワセミが。ホラ、あそこに・・・

そうしたらまたしても、

おおおお!ホントだ!

で、当然の結果として、カワセミは飛び立ってしまいました。プンプン。

写真はこのような残念な結果になりました。

Kinfisher170121

でも、写真はともかく、双眼鏡でよく観察できたから、やっぱり嬉しい!

これだけではナンなので、珍しくありませんが、コサギも。

Littleheron1701211

Littleheron1701212



ひまわり・その後

次々と開花し、

Sunflower160817

最終的には6本全部咲いた!パチパチ。

台風の強風の中で、柳のようにたわみ、それでも折れないのはすごい。でも、もう花期が終わりですね。

 

ひまわり

咲いた!!(クリックで拡大画像)

Sunflower1608021

夜明け前にすごい雷雨で、あわてて窓を閉めようとしたときにチラと視線の片隅に黄色いものが。昨日、つぼみが半分まで開いていたからね。期待です。

起きてすぐに直行。やったー!

Sunflower1608022

まずは1つ。新聞のおまけについてきた種をプランターに蒔いただけで、何も世話してなかったんだけど、けっこう咲くもんだね。

残念ながら、この方たちはだいぶ前に姿を消してしまいましたが。

Mantis160802

どこかで無事に育っているといいなあ。


梅雨時の庭

梅雨というと、うっとうしい季節と思いがちですが、花が咲く時期でもあるし、雨降りのときの方が日光の照り返しがなく、庭がきれいに見えるものです。

Taisanboku160708

タイサンボク。

Garden160708

花壇は、例の「デジカメで紫色がうまく発色しない」という問題があり、セージが紫に見えないんですけど、まあ、こんな感じです。メドーセージとヒメオウギスイセンと、あ、ピンクの花の名前を忘れてしまった・・・。

Petal160708

こんなのです。

門口に置いたプランターでヒマワリを育てているので、生育状態を写そうとしていたら、あららら。可愛いお客さんが来ていたよ。

Kamakiri160708

まだ3センチぐらいしかない。ちょっと引いて撮ろうとして、またまた気づいた。隣にも1匹。

Himawari160708

翌日も同じところにいたので、どうやら小さい虫をとって食べるのに絶好のロケーションのようです。うまく育ってくれるといいけど。





より以前の記事一覧

Twitter