2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

今日の研鑽

中国鉄路、現在の最長線は・・

先日、短編映画「三分钟」(三分間)をご紹介したときに、今はもう6日間なんていう行程はないと説明しましたが、ふと、今の最長はどれぐらいかなと疑問に思いまして。

どうやらこれのようです。(中国語をカタカナ書きするのはご法度なのですが、阿克苏は新疆ウイグル地区の地名で、中国語表記自体が当て字なので、書いておくと、アクスに近い発音のようです)

Longest1807011

百度地图で検索したら、こんな結果が。(クリックすると、拡大表示)

Longest1807012

さて、気になるお値段ですが、Ctripという便利な予約代行サイトで見てみると・・・

Longest1807013
软卧というのは寝台が2段で1コマに4人の1等寝台って感じです。日本円にすると2万円以上ですから、まあ、それなりのお値段はしますわね。硬卧は3段で1コマ6人の2等寝台ですが、とにかく横になれる。確かに漢字の通り、ベッドがかな~り薄くて硬そうですが、どうせ気絶するように眠ってしまう私としては、こちらにするな。

注目は硬座。寝台ではない普通の座席なので、たぶん途中までの旅客が利用するのだと思いますが、すごいことに、杭州から阿克苏までこれで行く人たちが、いないわけでもなさそう。

というのは、以前にご紹介した中国鉄道時刻研究会のツイッターでリツイートしていた、昨年まで最長だった路線(新疆ウイグル地区ウルムチから黒龍江省チチハルまで)に乗った方が、このように報告しておられたので。

六十何時間も乗るような客はそうそういないだろうと思っていましたが並んでいる人の切符を覗くと「瀋陽北」「長春」「哈爾濱」など東北部の駅名が続々と、しかもほとんどが硬座…頭が下がるばかりです

続・Googleマイマップ

その後、マイマップにさらにチョコチョコ書き加えていたら、自分で好きなところに直線を引けることもわかりました。

それと、道順の線を引く機能で、経過地点の設定は10個までしかできません。レイヤはたくさん作成できるので、ルートを少しずつグループ分けすればいいようです。

で、こうなりました。

2018travelrouteadd

黒い線は帰国前に昆明から成都まで国内線で飛ぶ部分です。4つにグループ分けしてみました。

なんだかグルグル回って、変な行程に見えるかもしれませんが、途中でお祭りの日に合わせたり、高速鉄道を利用すると、すごい長距離を短時間でカバーできたり、鶴が越冬のために飛来するので、その場所へ行く日はできるだけ遅らせる必要があったり、あれやこれやを勘案した末の結果なのであります。

Googleマイマップで旅行の行程図作成

Googleのアカウントを持っていれば、簡単に行程図を作成できます。

GoogleでマイマップまたはMy Mapsで検索をかけると、アカウントを持っていればウィンドウが開くので、左上にある「+新しい地図を作成」をクリックして、作業開始。

最初は「無題の地図」なので名前をつけましょう。複数のレイヤを重ねられるので、レイヤの名前もつけられるようになっています。レイヤというものが何なのかわからなくても、使っているうちにわかりますから、心配ご無用。

ここから先は本当に簡単。行き先の入力方法は2種類です。

1.上に表示されているアイコンの中から風船みたいな形のマーカー・アイコンをクリックして、自分の行く場所をクリックすると、

Routemap1806084

こんな風に記録されます。

2.もう一つの方法はGoogleで検索をかける。そうすると、色の違うマーカーがその場所につくので、それが正しければ、「+地図に追加」をクリック。すると、マーカーの色が変わり、左の欄のリストに追加されます。

内容は後で編集可能。メモもつけられます。後で順番を変えたいときは、左のリストで上下に動かせます。

私が作ったのはこんなの。(クリックすると拡大画面。個人情報が入っていたので、黒塗りにしました)

Routemap1806081

リストで見たい項目をクリックすると、ボックスが表示されて、削除したり内容を編集したりできます。

Routemap1806082

車やバイクでお出かけのときは、ルートも描画してくれます。右上に矢印になっているのがルート作成アイコン。これをクリックすると、行程とは別のレイヤのリストが作成されます。レイヤというのはこうやって使うわけね。地図上で出発点をクリックすると、Aというボックスに入力されます。次に到着点をクリックすると、Bというボックスに入力されて、AとBの間に線がひかれます。

私の地図にルートを引くと、このようになります。道路を想定した図なので、鉄道路線の部分は正確ではありませんが、大まかには合っています。

Routemap1806085

全体がパッと一目で見られるから、なかなか便利ですよ。

3分間

Apple社の宣伝用に製作された短編映画の舞台が中国旅行の旅程に入れた駅、凯里(カイリ)だった。嬉しい!陈可辛監督作品の佳作です。

Threeminutes180530

私がわかった限りの範囲内で内容を説明すると(見る前にネタばれになってしまいますが、しょうがない)、南宁(ナンニン)から哈尔滨(ハルビン)まで1行程6日間という鉄道路線の車掌をしている女性が主人公。ティンティンという就学前年齢の男の子がいるのですが、そんな仕事ですから、妹に世話をしてもらっている状態で、普段はなかなか会えません。

ましてや、中国大陸全土で数億人が大移動する春节(旧正月)には、まったく不可能。家族と共に祝うはずのこの日に、ほかの家族の再会を手助けする側にいる彼女は、家族と会えない。

ある年の春节に、妹が停車駅の1つである凯里駅のプラットフォームにティンティンを連れて来ることになります。停車時間は3分。

大混雑のプラットフォームでようやく会えるのですが、この貴重な時間にティンティンが何を言うかと思えば、九九の表を1X1から暗唱し始めるのです。

実は、ティンティンは小学校に上がることになっていて、前に彼女は(ここから先、よく聞き取れなかったのですが、たぶんこういうことだと思う)軽い気持ちで、「九九の暗唱ができるようになったらママと会えるよ」、と言ったことがあったのでした。

こうして、わずかな時間はすべて九九の暗唱に費やされ、言葉ではなく視線と抱擁で語り合う親子なのであった。

実話をもとにした作品だそうです。ちなみに、現在はもう6日間なんてことはなく、高铁(高速鉄道)で途中で乗り換えて、翌日には哈尔滨に到着します。そもそも、そんな長距離に飛行機ではなく鉄道を使う人は、めったにいないでしょうけどね。

あ、ティンティンが最後に「ジョウジョウバーシイー!」と言っているのが聞き取れますか?

九(jiu)九(jiu)八(ba)十(shi)一(yi)です。ヤッター!九九が最後まで言えたね!

expectの意味(トイレの詰まりは解決できるのか)

expect という英単語があります。「(当然のこととして)期待する」、「見込む」、「予想する」というような意味です。

But that was expected! なんていうと、ほぼ、「そんなこと、わかってたじゃないか!」という意味になる。

中国語(普通话)では期望(qiwang)と希望(xiwang)は違う。前者は「たぶんこうなる」と強く予想することで、後者は「こうなればいいな~」と願うことです。

でも、日本語の「期待する」は、人によっては「願望」ぐらいに受け取ってしまう人もいるので、expect は「期待する」ではなく、「見込む」と訳した方がいい場合が多々あります。

さて、トイレの詰まりです。

犬のウンチ袋をケチって安いのにしたら、紙の質が悪かったせいか、便器が詰まってしまいました。ネットで調べたら、「この製品で便器の詰まりが解消したよ~」という報告があったので、ダメ元ぐらいの気持ちで購入したところ、その使用法の説明が秀逸だったのだ。

ご覧ください。

Expect180524

赤いマークの注の最初は「効果がありません」なのに対し、次の注は「期待できません」です。

違いは、「プラスチックなどの詰まりには効果がない」と断言しているのに対し、「便器の詰まりには効果が期待できない」。すなわち、「当然詰まりが解消されると期待されると困るんだけど、解消できることもあるので、ちょっと、やってみてください」と暗に示唆しているのです。

そんなわけで、試してみました。見事に詰まりが解消!流れた!

でも、上で言ったように、「期待」という言葉をそのようにとらえない人もいるわけで、「あ、駄目なのか」と思ってしまうかも。

中国鉄道時刻研究会

個人で旅行をする人たちの間でよく言われるのは、「実際の旅行も楽しいが、計画を立てるのも同じぐらいに楽しい」ということです。これには大いに同感するわけで、ここのところ、秋の中国旅行の計画に夢中でした。一段落ついたので、ちょいと熱が冷めたところかな。

さて、鉄路が全国に張り巡らされた中国ですから、たとえ特に必要ではなくとも当然、乗ることにして、時刻表を調べたりしていたところ、こんな楽しい会を見つけてしまった。

中国鉄道時刻研究会

「時刻表」ではなくて「時刻」というところが、ちょっと愉快でしょ(会の英語の名称では「timetable」なんだけどね)。「時刻を研究する」って、「時刻表を研究する」よりも深い響きがあるような。

そもそもどうやってこのサイトを見つけたかというと、四川省の田舎を走る鈍行列車について調べていたら、ここが検索リストの比較的上の方に登場して、クリックすると・・・

2015年9月 第4回 中国鉄道研修旅行

研修旅行!これまた楽しそう。

刊行物もありまして、これがまた、非常に立派な同人誌なのです。

Chinarailways

人生が楽しくなる(!)

これは買うしかないだろう。と思ったのですが、委託販売を引き受けているオンライン書店のどこでも売り切れなのです。この会に直接問い合わせてみようかな。

中国語簡体字の入力方式

よ~やく、メキシコ・キューバ旅行の報告を終え、ただいま、次の中国旅行に向けて中国語(普通话putonghua)の勉強と旅程作りにいそしんでおります。

これまでの旅行の計画作りでは、ロンリープラネットのフォーラムで質問して、ベテランの皆さんからいただくアドバイスに依存しきっていたのですが、今回はそうはいかない。

なぜか?

中国の発展、特にインフラの発達が速すぎる!

大都市間には高铁 gaotie という新幹線タイプの路線が開通し、地方の町から別の地方の町の間のバス路線も、両町を結ぶ高速道路が開通して、時間が一気に短縮されます。いくら中国旅行のベテランでも、外国人旅行者はその発達のスピードに追いつけない模様。

それと、もう一点、重要な問題があるのだ。日本への中国人旅行者の数からもわかるように、中国は旅行ブームです。ツアー旅行や家族旅行はもちろんのこと、若い人たちを中心に個人旅行もガンガンやってる!

そうなると、数年前まではひなびた古镇 guzhen (古い家並みが残る村)だったところが、観光客が押し寄せる典型的な観光地に変わり、なんの風情もなくなるという事態が次々と起きています。だから、旅行の立案には「今」の情報が欠かせません。

そこで、これはもう、中国人民の情報に頼るしかないなあということで、马蜂窝 mafengwo という自由行 ziyouxin つまり自由旅行のサイトで質問コーナーの過去の質問を検索して調べることにしました。

そうしているうちに、なんだ、ここで検索をかけられるのなら、自分でネットで調べればいいのだと思いつき、最近はバスや鉄道の時刻表もホテルの予約のサイトも全部、普通话で検索です。

あれ?と思った方もおられるかな。どうやって入力するの?(ここまでの文章の中でも、簡体字をすでに使っています)

それは言語セットを設定すればいいのです。私はスペイン語ですでに体験済みでした。日本語、英語以外の言語を入力したい場合は、こうします。まず、Windows 10で画面左横の下の方に歯車みたいはアイコンがありますよね。それが「設定」アイコンです。それをクリック。そして・・

設定→時刻と言語→地域と言語→言語→言語の追加

とクリックしてゆくと、いろいろな言語のリストが出ますから、その中から選んでクリックすると、設定完了です。その結果、画面下のツールバーの右端の言語アイコンをクリックすると、

Putonghua

こうなります。私は日本語入力には Google を使っているので、ATOK や IME は不要なのですが、べつに削除しなくても問題はないので、そのままにしてあります。入力方式の切り替えは、単にこのリストの中のどれかをクリックするだけ。あ、いちばん下の「言語設定」をクリックすれば、上記の設定方法の前半を省略できますね。

ちなみに、簡体字の入力はこんな風にやります。「普通话」と入力するには、ピンインで putonghua と打つと、横長のメニューが表示されます。

Input

3文字全部が続く単語はたぶんこれしかないので、選択肢の先頭に来ていますが、putong まではほかにも選択肢がありますね。pu だけなら、もっとたくさんあるわけで、7番の普のあたりにマウスを持ってゆくと矢印が出て、それをクリックすると、次のリストが表示されます。右端のニコニコマークをクリックすると、絵文字のリストが表示されます。

二黄卵

自覚的には普段と変わらず元気で、仕事は繁忙期でセッセと片付けているし、毎日運動しているし、夜も例によって気絶するように眠っていますが、自覚できない部分で、やはり精神的に疲れているのか、注意が散漫になっているみたい。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードを落とし、図書館で借りた本をスポーツクラブに置き忘れ・・・。どちらも問題なく解決しましたが、交通事故などに会わないよう気をつけないと。

考えてみたら、猫が1匹しかいない状況というのは黒猫女王の出産前以来のことで、指を折って数えれば、29年ぶり?

毎晩、黒猫2号とベッドで抱き合って、「2人きりになっちゃったねえ」なんて言ってます。

でも、ちょっといいことがあって、ある工務店のおじさんから卵をもらいました。おじさん、ウヒヒと笑って、「ちょっといいものだからね」なんて言ってる。

卵かけご飯しよ、と思ってパカンと割ったら、こんなものでした。

Niouran180311

二黄卵(におうらん)というのだそうです。人工的なものではなく、若い鶏は生理的に不安定で、2回続けて排卵してしまうことがあるのだそうで。

農業協同組合の卵なんだけど、若い個体が産み落とした卵を集めて特別に売っているのかな?

南方熊楠 東洋に於けるキスの研究

上野の国立科学博物館で3月4日まで開催中の「南方熊楠生誕150周年記念企画展 南方熊楠 100年早かった智の人」という展覧会に行ってきました。

粘菌で有名な方ですし、私が初めて南方熊楠の名前を知ったのも生物学の講義だったので、この人を博物学者としか認識していませんでした。

ところが、南方の知的好奇心は博物学の枠内にとどまらなかったということが、この展覧会でわかりました。こんな雑誌にも論文が掲載されています。

Minakata1802261

「東洋に於けるキスの研究」!

掲載雑誌は「性の研究」。ほかの論文も面白そうだよなあ。「男性の性的週期律」とか。(「週」は現在の表記では「周」ですね)

もう1本。

Minakata1802262

「変態心理」という誌名ですが、並んでいる論文の表題から判断すると、この時代の「変態」というのは今とは定義が違うようですね。

「六十代老人の文化能力」って、何なんだろう?私も六十代老人なのでありますが。

センザンコウ

スポーツクラブを出ようとして、夕飯のおかずについて考えていました。

ええ~と、あの野菜があるから、それに合うものにするとして。

ところが、その野菜の名前をド忘れ。ちょっと考えたんだけど、出てきたのは・・・

センザンコウ・・・・はああ~?

Pangolin

これ?

ま、モノについてはわかっているから、いいや。たぶん外に出れば思い出すよ。

というわけで、自動ドアが開き、外に出て数メートル歩いたら、案の定、思い出しました。

これ、よくありますよね。中へ入るとか外へ出るとか、そこのところで、それまで考えていたことを忘れたり、逆に、忘れていたことを思い出したり。

で、思い出した野菜の名前。

チンゲンサイ

この後、あまりに違いすぎる間違いに(2つのンの場所が同じなだけ)、笑いが止まらなかった。

より以前の記事一覧

Twitter