« ボリビア旅行10:トゥピサ | トップページ | ボリビア旅行8:俺たちゃペットじゃねえ »

ボリビア旅行9:真夜中過ぎの宿探し

従業員の人たちや看板犬のAzucar(アスーカル。砂糖という意味です)と仲良くなれたのに、もうお別れというのは残念ですが、次は、今回の旅行のビッグイベント、ウユニ塩湖ツアーに出発する町、トゥピサに向かいます。

Azucar130810_2

(散歩の途中、こうやって待っていてくれるんだよ。いい子でしょ?)

今日はアルトゥーロさんが忙しそうで、どうしたのかなあと思っていたら、美術館見学のお客さんを従業員がポトシまで迎えに行ったら、車がパンクしたとのこと。それで、ポトシまで行っていたのだとか。そんなことまで、経営者がいちいちしなければならないというのは、ビックリなのですが、美術館/ホテルのスタッフだけでなく、農作業や牛の世話をする働き手も、まだ「命じられたことをやる」段階で、従業員教育が大変そうでした。

「毎日、同じことをやるだけなのに、こちらが言うまで仕事をしない」のだそうで。

ポトシを6時半発のバスと聞いていたのに、6時になってもタクシーが来ない。間に合わないじゃないかあとヤキモキしつつ、門のところで待っていたら、6時過ぎにやっと来たタクシーのドライバーが、もうバスのチケットを買ってくれていて、それを見たら、8時半のバスだった。

ポトシの新しいバス発着所は巨大なお椀を伏せたような形の2階建ての建物。

Potosibusterminal130810_2

写真がないので、alltravels.comという旅行サイトの写真を借りましたが、このように吹き抜けになっていて、2階の回廊に沿ってバス会社のオフィスが並んでいます。その中に私が乗るバスの会社があったので、荷物を置かせてもらいました。

中央に張り出す形でレストランがあるんだけど、どうもロクなものを食べられないような気がして、外に出て、屋台のチョリソー入りアンブルゲサ(ハンバーガー)とお茶で夕食。

さて、もう何もすることがなく、ここで2時間、待つわけなんだが、これがもう、寒いのなんのって。ポトシはカジャラよりも500メートルも標高が高く、4000メートルなんだよ。早い話が、富士山より高いところで、それも初冬に(赤道の近くではあるんですけどね)、こんなだだっ広い、全く暖房のない、吹き抜けの建物で、待たねばならんのだ。ベンチに座ったり、あまりの寒さに立って歩いたり、とにかく、ひたすら我慢するしかない。

予定より遅れて、9時前にバス出発。終点まで行かないので、降りそこねては大変だから、途中、窓外が暗くなると眠りかけ、外が明るくなるとハッと起き、を繰り返し、真夜中過ぎにトゥピサ到着。

ここからがチト、問題だった。

ウユニという世界有数の観光地に出発する町というイメージが強く、ポトシからバスでトゥピサに来る人も、けっこういるような気がしていたんですよ。でも、それは大きな勘違いで、ウユニを訪れる観光客のほとんどは、ラパスから飛行機でウユニの町に着き、1泊2日で塩湖だけ見て、また飛行機でとんぼ返りなんだよね。わざわざトゥピサまで来る人は、少数派なのであった。

深夜の1時前にバスから降りたのは、オフィスそのまま1人であります。町はシーンと静まり返り、青白い街灯に薄ボンヤリ照らされた街路には、人っ子一人、見あたりません。

ツアー会社も経営しているMitruという宿に泊まろうと決めていたので、ガイドブックで確認して歩き始めたのですが、10分で「違う・・」と気づき、パニック!になりかかった。でも、運のいいことに、この日(というか前日)がたまたま日曜日だったので、こんな真夜中でも、町の中心らしいあたりに人がチラホラいて、その中のアベックにたずねてみました。

日曜日深夜のデートをジャマしたのに、その人たちが懇切丁寧に道順を教えてくれたおかげで、その宿がある通りには2~3分でたどり着けたのですが、それでもどの建物かがわからず、またパニック!になりかかったら、酔っぱらい2人、千鳥足で登場。他に人もいないし、しょうがないから、この2人にたずねたら、

「そこ、そこ!その・・・あの・・・」「Mitru~??ホニャラホニャラ~」「あの・・・白い・・・」などと、よくわからないながらも、白い建物の前に行くと、確かに目的の宿でした。

もう完全にドアを閉めてしまっていましたが、屋内からテレビらしき音が聞こえてきたので、従業員は起きているみたい。申し訳ないと思いつつ、グワングワンと鉄の柵を叩いたら、眠そうな顔の男性が現れ、「ごめんね~」と言いつつ、チェックイン。

安い部屋だけど(120ボリ:1600円)、けっこう居心地よさそうで、ホッと一安心。シャワーも熱いお湯がちゃんと出たので、こごえた体を温め、2時頃にようやく就寝。

« ボリビア旅行10:トゥピサ | トップページ | ボリビア旅行8:俺たちゃペットじゃねえ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボリビア旅行10:トゥピサ | トップページ | ボリビア旅行8:俺たちゃペットじゃねえ »

Twitter

無料ブログはココログ